営業支援の目的と注意

営業支援とはSFAともいいます。字の通り営業の支援をシステム化したものです。ズバリ目的は営業の支援だけあって、手間暇を省く、営業先を管理するということも少しはありますが、最大の目的は売上利益を上げることです。売上利益が上がらないのであれば、使う意味自体なくなります。ヒアリング、提案、価格、受注などの営業の工程を各項目ごとに管理して対策を打ちやすくしたり、営業マンや営業所の管理ツールにも使用されます。その他にも日報や見積書、請求書作成、顧客情報管理などなど日々進化しています。会社にとっては各営業所や営業マンと顧客などの情報把握のために必要不可欠ですが、社員にとってはいつも管理されているという状況を受け入れないといけないので厳しいシステムでもあります。特に上司は部下の行動管理にばかり目がいき、本来の目的である売上利益の向上から脱線する場合もありますので注意が必要です。

多くの人からの営業支援

ビジネスをする上では人脈というものは欠かせません。ビジネスは一人では成り立たせるのは大変難しいので、多くの人との協力が必要です。このことを営業支援と呼びますが、これはその数が多ければ多いほど有利に仕事を進めることが出来ると考えています。一人では発想できなかった事も協力者がいれば新しい案が生まれる可能性があります。そしてその協力者はまた新たな協力者を呼んでくれます。営業というものは人との関わりの中で初めて成り立つものなので、仕事をする際にはまず営業支援をしてくれる人脈を作ることが何をするにしても一番優先されることです。また、まだ仕事に就いていないフリーターや大学生の人も、その時点で先輩や同級生などの知り合いを増やしておけばそれがいつかは営業支援をしてくれる協力者として自分の仕事をサポートしてくれると気が来るかもしれません。

営業支援をしてくれる人

ビジネスをしていく中で関わる人たちは皆、営業支援をしてくれる仲間です。一緒に仕事をする同僚も、取引先の人もこれらの人が全ていなければ営業を成り立たせることはできません。しかし、同じ支援をしてくれる人でもその支援者の名が大きければ大きいほど力になってくれる可能性が高いです。大企業の社長と知り合いになることはなかなか難しいことですが、中小企業でも社員ではなくて社長と知り合いになることができれば取引をより有利に進めることができます。もしその取引が上手くいけば、きっと相手先の社長はその評判をまたどこかの企業に伝えてくれることでしょう。こいったこともまた営業支援の一つの形だと考えます。より大きなより有名な人と関わることによって自分のビジネスの形を大きく広げることができるので、人脈というものは本当に大切です。

せっかくな有益な提案の電話を迷惑電話だとガチャ切りされたことはありませんか。それは営業するタイミングを誤っている証拠です。 同じところに複数回別々の担当から電話をしてしまったことはありませんか。SFAならよくあるミスを予防できます。 営業マンがSFAに進捗を入力してくれない。どこの企業も抱える悩みですが、営業支援ツール、ネクストSFAが解決します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*