営業支援を活用してみて

営業支援とは、ルート営業など内容によって異なりますが、主に売り上げに繋がるにはどうしたらよいのか考え、作業支援していくシステムです。何事も予算と予算の結果報告がつきもので、なかなか売り上げとして成果がでない業者に対して、必要な材料として計画を立てなおしてもらったり、予算の組み方やデータ、スケジュールの見直しから行っていきます。それから、システムを使って顧客管理や顧客へのサービスなど実践していきます。やはり高機能なシステムは、時短にもなり、作業効率もアップします。また、リアルタイムな分析結果を元に、足りないものなど把握でき、確実に活かせる材料となります。弊社でも営業支援システムを行っていますが、予算の立て直し、スケジュール管理を徹底し、なにより情報交換の面ではまとまりのある会社へ進化しました。

営業支援システムを使用すること

営業支援システムとは営業日報などのその日に行った営業の記録ができるシステムや、顧客情報などを登録してその顧客の特徴や話した内容などを記録できるものまであります。勤怠だけでなく、様々な情報を入力できるのが特徴です。営業支援システムを導入している企業としていない企業とでは営業の活動の効率に差が出ています。システム化していない場合は手入力や日報をメールで送信したりといった手間がかかり、本来の活動に注力できないことがあります。しかし、こういった営業支援システムを導入することで、このような手間を省き、素早くかつ効率的に活動日報が行えるのが特徴です。営業側としてもシステム化されることで誰もが閲覧できるようになり、その日の活動だけでなく、かかえている問題や課題なども共有できて解決できるなど多くのメリットがあります。

運用の巧拙が企業収益に違いを生む営業支援システム

現政権の異次元的な規制緩和の効果が為替の円安を生み、輸出型産業を中心にして業績回復の目覚ましい企業が増えてきたので景気回復感が社会を覆ってきたように見えます。しかしながら、政府の成長戦略に沿った企業の内需拡大策が続いていかないとこの業況が続いていくとは限らないので、何かのきっかけがあれば需要急減となって表れかねないと考えています。従って、各企業では営業支援策として従来から導入しているSFAシステムにより顧客情報や商談案件の進捗情報等を一元的に管理し、社内の各部門では携帯端末でも迅速に利用できる効率的運営を行い、営業効率アップや売り上げアップを図っています。一方で、競合する各社もSFAベンダーが異なっても同様のシステム運用をしているので、市場に何らかの需要変化が起こった場合、同じように社内の各部門が一斉に営業支援に走るはずですから、各社の即応体制に生じるわずかな運用の巧拙が企業収益に大きな違いを生む時代になっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*